熱海・伊豆山神社で楽市楽座 地場産品や飲食、フリマなど17店

源頼朝・北条政子が結ばれた熱海市の伊豆山神社で1月25日、様々な飲食店や地場産品、雑貨などのフリーマケットが並ぶ「神社de楽市あっと伊豆山」があり、多くの参拝客や地域住民でにぎわった。
いずさんのひ(1月23日)に合わせて伊豆山温泉旅館組合(中川勝仁組合長)がにぎわい創出目的で主催。定期開催を目ざし、試験的に実施した。
観光客も楽しめるようにと、特産の七尾たくあん、原木シイタケ、ハチミツ、アジの干物、サザエご飯のほか、団子、そば、がんも、コーヒー、日本酒、手作りアクセサリー、雑貨、衣類など17店が並んだ。富士市を中心に活動する嶺脇榮太郎社中による津軽三味線の演奏も行われた。
好評だったことから、出店者などから話を聞き、改善しながら継続していくという。26日も予定していたが、降雨が予想されるため開催を取りやめた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る