熱海・伊豆山神社で楽市楽座 地場産品や飲食、フリマなど17店

源頼朝・北条政子が結ばれた熱海市の伊豆山神社で1月25日、様々な飲食店や地場産品、雑貨などのフリーマケットが並ぶ「神社de楽市あっと伊豆山」があり、多くの参拝客や地域住民でにぎわった。
いずさんのひ(1月23日)に合わせて伊豆山温泉旅館組合(中川勝仁組合長)がにぎわい創出目的で主催。定期開催を目ざし、試験的に実施した。
観光客も楽しめるようにと、特産の七尾たくあん、原木シイタケ、ハチミツ、アジの干物、サザエご飯のほか、団子、そば、がんも、コーヒー、日本酒、手作りアクセサリー、雑貨、衣類など17店が並んだ。富士市を中心に活動する嶺脇榮太郎社中による津軽三味線の演奏も行われた。
好評だったことから、出店者などから話を聞き、改善しながら継続していくという。26日も予定していたが、降雨が予想されるため開催を取りやめた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    3月14日の「伊豆多賀温泉わかめまつり」も中止 “新型コロナ”拡大で

    多賀観光協会は、3月14日に長浜海浜公園で予定していた「伊豆多賀温泉わかめまつり」の中止を決めた。…
  2. 2020-2-28

    熱海市、新型コロナウイルス対策本部を設置 静岡市で県内初感染者

    静岡市の男性が新型コロナウイルスに感染したのを受けて、熱海市は2月28日、市役所内に新型コロナウイ…
  3. 2020-2-28

    観客席500席 図書館とのセットは断念 熱海市が市民ホール計画案示す 

    熱海市は2月28日、市役所で市民ホール「(仮称)熱海フォーラム」整備事業の説明会を開き、計…
  4. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
ページ上部へ戻る