紅白梅図屏風をはじめとする国宝3件を同時公開 MOA美術館


梅花の香る熱海市のMOA美術館で3月17日まで「紅白梅図屏風(びょうぶ)展と所蔵名品展」が開催されている。江戸時代の絵師・光琳作の国宝「紅白梅図屏風」は、二曲一双の金地を背景に白梅と紅梅を対峙させ、図案化した梅花や流れる川を描いた光琳の最高傑作。日本の装飾芸術を代表する作品と評されている。
同時展示する国宝は同美術館が所有する京焼の大成者・野々村仁清作「色絵藤花文茶壺」と三大手鑑の一つと して著名な手鑑「翰墨城(かんぼくじょう)」。 このほか 国の重要文化財で中国・唐代に描かれた「樹下美人図」や「過去現在絵因果経断簡」「山水 人物蒔絵手箱」「青磁大壺」など同美術館のコレクションの各ジャンルを代表する名品を展示している。開館は午前9時半から午後4時半。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-23

    静岡県民限定1泊最大5000円割引 都の緊急事態宣言で5月末まで延長

    静岡県は、県民が県内で観光する場合に宿泊費を1泊最大5千円割り引く「今こそ!しずおか!!元気旅!!…
  2. 2021-4-23

    下松田町、銀座、温泉通りで町内会長が交代、熱海市町内会長連合会

    熱海市町内会連合会はこのほど、市役所4階会議室で4月定例会を開き、3町内会の会長交代が報告された。…
  3. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  4. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
ページ上部へ戻る