紅白梅図屏風をはじめとする国宝3件を同時公開 MOA美術館


梅花の香る熱海市のMOA美術館で3月17日まで「紅白梅図屏風(びょうぶ)展と所蔵名品展」が開催されている。江戸時代の絵師・光琳作の国宝「紅白梅図屏風」は、二曲一双の金地を背景に白梅と紅梅を対峙させ、図案化した梅花や流れる川を描いた光琳の最高傑作。日本の装飾芸術を代表する作品と評されている。
同時展示する国宝は同美術館が所有する京焼の大成者・野々村仁清作「色絵藤花文茶壺」と三大手鑑の一つと して著名な手鑑「翰墨城(かんぼくじょう)」。 このほか 国の重要文化財で中国・唐代に描かれた「樹下美人図」や「過去現在絵因果経断簡」「山水 人物蒔絵手箱」「青磁大壺」など同美術館のコレクションの各ジャンルを代表する名品を展示している。開館は午前9時半から午後4時半。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-4-9

    熱海の良質な上水道に感謝、安定供給願う 明水神社例大祭 熱海管工事工業協同組合

    熱海管工事工業協同組合は4月9日、市内西山町の「明水神社」で春季例大祭を斎行した。来宮神社…
  2. 2020-4-9

    熱海芸妓、熱海市にマスク寄贈 子どもたちに手作り200枚 コロナ感染予防

    子どもたちの新型コロナウイルスへの感染予防に役立ててほしいと、熱海芸妓置屋連合組合は4月8…
  3. 2020-4-9

    新型コロナ 熱海商議所、12日と19日に「事前予約制」で特別相談窓口 

    新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている熱海市内の事業所を支援するため、熱海商工会議所は…
  4. 2020-4-9

    5月18日の熱海海上花火大会も中止 今季開幕から3大会連続

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市ホテル旅館協同組合連合会は4月8日、5月9日(日)に実施…
ページ上部へ戻る