南熱海支所・消防署南熱海出張所が完成、多賀、網代の行政サービス拠点

建物の老朽化で熱海市が54年ぶりに建て替えた南熱海支所・消防署南熱海出張所が完成し、3月27日、下多賀の同庁舎で竣工式が開かれた。式典には、齋藤栄市長、竹部隆市議会議長、藤曲敬宏県議、稲田達樹消防長、櫻井佳久消防団長、石井倭雄市町内会長連合会、渡辺実渡辺建設代表取締役など約30人が参加し、新庁舎の新たな門出を祝った。

建て替え工事は、2011年の東日本大災害の後、1966年(昭和41年)に竣工した旧南熱海支所・消防署南熱海出張所の耐震強度と津波対策が問題となり、計画が進められた。工事は旧庁舎の跡地で2018年6月に総事業費約6億5000万円で着工。設計費等を含め総額約7億7000万円を投じた。消防署部分が先に引き渡され、今年2月から運用を開始。南熱海南熱海マリンホールに移転していた支所部分は大型連休に再移転し、5月7日から業務を始める。

新施設は、鉄骨4階建て。敷地面積約711平方メートル、延べ床面積約1204平方メートル。津波対策で1階は駐車場(11台)。2階は消防署南熱海出張所。3階に南熱海支所と海が見える図書コーナー。4階は町内会活動や住民の生涯学習活動、災害時に避難所に活用できる多目的会議室。災害時の倉庫も設けた。屋上は津波避難場所を兼ねる。全階をバリアフリー化し、エレベーターを完備するなど利便性が高まるとともに、南熱海地区の災害時の中枢拠点として期待される。
(熱海ネット新聞)
■齋藤栄市長 南熱海支所は多賀、網代地区の行政サービスの拠点。新庁舎を契機に職員がさらに一丸となり、効率的できめ細かな市民サービスに努める。消防署南熱海出張所は、執務室、出動準備室、車庫を同じ階に配し、今まで以上に迅速な出動が可能となった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
  2. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  3. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  4. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
ページ上部へ戻る