熱海芸妓、熱海市にマスク寄贈 子どもたちに手作り200枚 コロナ感染予防

子どもたちの新型コロナウイルスへの感染予防に役立ててほしいと、熱海芸妓置屋連合組合は4月8日、熱海市役所に齋藤栄市長を訪ね、手作りマスク約200枚を寄贈した。舞台公演「熱海をどり」が全国的な感染拡大の影響で中止となり、芸妓衆約40人が浴衣の生地や手ぬぐいを利用し、手縫いで仕上げた。熱海芸妓見番歌舞練場で2週間かけて縫い上げた。
訪れたのは、西川千鶴子組合長と厚生部長の亜弥さん、副組合長の美華さんの3人。「子どもたちや高齢者施設のマスクが足りないと聞き、少しでも協力したいと。最初に子どもたち用のかわいらしいマスクを作りました」と西川組合長。今後も製作を続け、大人用も含めマスク1000枚を目標にしている。
市長は「心のこもったマスクを頂き、本当に感謝している。大切に使わせていただきたい」と謝意を述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    ジャカランダ 中止となったフェス開幕日、ひっそりと青紫に染めあげる

    本来なら「ATAMIジャカランダフェスティバル」(6月6日〜21日、熱海市観光協会主催)の…
  2. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  3. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  4. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
ページ上部へ戻る