熱海芸妓、熱海市にマスク寄贈 子どもたちに手作り200枚 コロナ感染予防

子どもたちの新型コロナウイルスへの感染予防に役立ててほしいと、熱海芸妓置屋連合組合は4月8日、熱海市役所に齋藤栄市長を訪ね、手作りマスク約200枚を寄贈した。舞台公演「熱海をどり」が全国的な感染拡大の影響で中止となり、芸妓衆約40人が浴衣の生地や手ぬぐいを利用し、手縫いで仕上げた。熱海芸妓見番歌舞練場で2週間かけて縫い上げた。
訪れたのは、西川千鶴子組合長と厚生部長の亜弥さん、副組合長の美華さんの3人。「子どもたちや高齢者施設のマスクが足りないと聞き、少しでも協力したいと。最初に子どもたち用のかわいらしいマスクを作りました」と西川組合長。今後も製作を続け、大人用も含めマスク1000枚を目標にしている。
市長は「心のこもったマスクを頂き、本当に感謝している。大切に使わせていただきたい」と謝意を述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
  2. 2021-4-20

    熱海は5月下旬の陽気 ツツジが見ごろの姫の沢公園にハイカー続々

    日本の都市公園100選に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、斜面に植えられた6万株のツツジの…
  3. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  4. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
ページ上部へ戻る