マダニ媒介の感染症 熱海の70代女性「日本紅斑熱」発症 県内で今年初

静岡県は5月3日、熱海市の70代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと発表した。女性は4月27日に発熱や紅斑がでたため、地元で受診し、5月1日に県環境衛生科学研究所の検査で病原体が検出された。現在は医療機関に入院中で快方に向かっているという。
ことし静岡県内の医療機関で感染が確認された患者は初めて。自宅近くの畑で農作業中に耳の後ろをかまれたという。

日本紅斑熱は、重症化すると死亡することもあり、県はレジャーや農作業の際、肌の露出を少なくし、マダニに刺された場合は早めに医療機関を受診するよう呼びかけている。人から人への感染はないとされる。県内では2019年までの5年間に23人が発生し、うち5人が死亡した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る