マダニ媒介の感染症 熱海の70代女性「日本紅斑熱」発症 県内で今年初

静岡県は5月3日、熱海市の70代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと発表した。女性は4月27日に発熱や紅斑がでたため、地元で受診し、5月1日に県環境衛生科学研究所の検査で病原体が検出された。現在は医療機関に入院中で快方に向かっているという。
ことし静岡県内の医療機関で感染が確認された患者は初めて。自宅近くの畑で農作業中に耳の後ろをかまれたという。

日本紅斑熱は、重症化すると死亡することもあり、県はレジャーや農作業の際、肌の露出を少なくし、マダニに刺された場合は早めに医療機関を受診するよう呼びかけている。人から人への感染はないとされる。県内では2019年までの5年間に23人が発生し、うち5人が死亡した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  2. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
  3. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  4. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
ページ上部へ戻る