【観光】お盆の夜空に輝く風物詩、長浜ビーチで「灯ろう流し」 先祖の魂を弔う

熱海市上多賀の長浜ビーチで16日、故人をしのんで灯籠を浮かべる「灯ろう流し」が開かれた。多賀地区では例年、長浜ビーチ、下多賀・池田港、中野海岸の3カ所で行うが、今年は台風7号の接近で風が強いため、波の穏やかな長浜ビーチの北端に集め、合同で実施した。
多賀観光協会が赤、黄、緑、白の水に溶ける灯ろう(1組1000円)を300個を用意。地元住人や観光客が買い求めた灯ろうや持ち込んだ灯ろうにそれぞれ供養の言葉や願い事を書いて海に流した。海面に色とりどりの約400基の灯籠が流れると、海辺で見ていた人たちから大きな歓声が起きた。

tourou2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    今夜、「ブラタモリ熱海編」アンコール放送 NHK総合で午後7時半から

    NHK総合で今夜(9月19日)午後7時30分から「ブラタモリ熱海編」(初回放送2016年1月16日…
  2. 2020-9-19

    熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

    熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静…
  3. 2020-9-19

    65歳以上の「お達者度」 県内の男性伸び率トップは熱海市 静岡県が公表  

    静岡県は65歳を過ぎて要介護度2以上にならず、健康に過ごせる期間を算出した2017年の「お達者度」…
  4. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
ページ上部へ戻る