【観光】お盆の夜空に輝く風物詩、長浜ビーチで「灯ろう流し」 先祖の魂を弔う

熱海市上多賀の長浜ビーチで16日、故人をしのんで灯籠を浮かべる「灯ろう流し」が開かれた。多賀地区では例年、長浜ビーチ、下多賀・池田港、中野海岸の3カ所で行うが、今年は台風7号の接近で風が強いため、波の穏やかな長浜ビーチの北端に集め、合同で実施した。
多賀観光協会が赤、黄、緑、白の水に溶ける灯ろう(1組1000円)を300個を用意。地元住人や観光客が買い求めた灯ろうや持ち込んだ灯ろうにそれぞれ供養の言葉や願い事を書いて海に流した。海面に色とりどりの約400基の灯籠が流れると、海辺で見ていた人たちから大きな歓声が起きた。

tourou2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る