【待宵草】「待てど暮らせど来ぬ人を…今夜も熱海梅園で咲いてます

IMG_4700ss
熱海梅園で月に照らされて「待宵草(マツヨイグサ)」がひっそりと咲いている。夏の夕方を待って咲くからことからこの名が付き、翌朝にはしぼんでしまう。花は午後7時ごろから咲き始め、見る間に明るい黄色のつぼみが十字の形になり、ぱっと開く。次々に開いてゆく様は壮観。しかし、一夜限りの可憐な花で、朝を迎えるとしぼみ、黄赤色に変わて散る一日花。
大正浪漫を代表する詩人・竹下夢二は「宵待草(ヨイマツグサ)」で「待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ 今宵は月も出ぬそうな」と詠んでいる。植物上の名称が「待宵草」。「宵待草」は通称で同じ花。
ちなみにほぼ同じ花で白色の花が月見草。太宰治の小説「富獄百景」に「富士山には月見草がよく似合う」の名文句が登場するが、この月見草は黄色い花で実は「待宵草」だった。

IMG_4676ss (1)
IMG_4659pss

hennsyokuIMG_4732ssIMG_4743ss

遣る瀬ない釣り鐘草の夕の歌があれあれ風に吹かれて来る
待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草の心もとなき想ふまいとは思へども
我としもなきため涙 今宵は月も出ぬさうな

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る