【待宵草】「待てど暮らせど来ぬ人を…今夜も熱海梅園で咲いてます

IMG_4700ss
熱海梅園で月に照らされて「待宵草(マツヨイグサ)」がひっそりと咲いている。夏の夕方を待って咲くからことからこの名が付き、翌朝にはしぼんでしまう。花は午後7時ごろから咲き始め、見る間に明るい黄色のつぼみが十字の形になり、ぱっと開く。次々に開いてゆく様は壮観。しかし、一夜限りの可憐な花で、朝を迎えるとしぼみ、黄赤色に変わて散る一日花。
大正浪漫を代表する詩人・竹下夢二は「宵待草(ヨイマツグサ)」で「待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ 今宵は月も出ぬそうな」と詠んでいる。植物上の名称が「待宵草」。「宵待草」は通称で同じ花。
ちなみにほぼ同じ花で白色の花が月見草。太宰治の小説「富獄百景」に「富士山には月見草がよく似合う」の名文句が登場するが、この月見草は黄色い花で実は「待宵草」だった。

IMG_4676ss (1)
IMG_4659pss

hennsyokuIMG_4732ssIMG_4743ss

遣る瀬ない釣り鐘草の夕の歌があれあれ風に吹かれて来る
待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草の心もとなき想ふまいとは思へども
我としもなきため涙 今宵は月も出ぬさうな

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  2. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  3. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  4. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
ページ上部へ戻る