【社寺】獅子神楽を奉納 南熱海の繁栄を祈る 和田木神社例大祭

%e7%8d%85%e5%ad%90%e6%a8%aa%e5%85%a8%e6%99%af
%e5%b7%9d%e5%8f%a3%e7%ac%9b
熱海市下多賀の和田木神社で23日、例大祭が開かれ、和田木青年会(相磯貴弘会長)が市指定無形民俗文化財の獅子神楽を奉納した。笛や太鼓の囃子に合わせて「神拍子」「宙下」を舞い、南熱海地区の繁栄や氏子町内の家内安全を祈った。神事では、雨宮盛克宮司が祝詞を奏上し、清水正彦総代長、川口覚和田木町内会長、川口健市議らが氏子や崇敬者を代表して玉ぐしを捧げた。
江戸時代をほうふつさせる厳かな行列
御神幸行列では、獅子を先頭に裃に編み傘姿の男衆が続き、白装束に身を包んだ厄年奉賛会の若衆が神輿を担いで氏子町内を巡行した。海岸近くの「御浜地」(お旅所)でも、雨宮宮司がお旅所祭の神事を執り行い、獅子神楽「下がり端」「剣の舞」を奉納。邪気を払ったあと、お上りして神社に戻り、遷座祭を行った。江戸時代をほうふつさせる厳かな行列に、市民や観光客が見入った。
熱海市の神社で獅子神楽を伝承しているのは同神社のほかに今宮神社があるが、和田木神社で神事を司る獅子は「雄」。毛があり、舞いも雄々しく激しい。
10月15日の下多賀神社の例大祭で始まった熱海の秋祭りは、23日の和田木神社、小山神明宮の例大祭で全て終了した。

%e7%a5%9e%e8%bc%bf%e3%81%8a%e7%a5%93%e3%81%84 %e7%b7%a8%e3%81%bf%e5%82%98
%e9%b3%a5%e5%b1%85
%e9%81%93%e4%b8%ad %e9%81%93%e4%b8%ad%ef%bc%92
%e5%9b%9b%e8%82%a2%e5%ad%90%e5%ae%ae%e5%8f%b8
%e7%a5%9e%e5%b9%b8%e8%a1%8c%e5%88%97 %e5%8e%84%e5%b9%b4 %e7%a5%9e%e4%ba%8b %e4%bc%91%e6%86%a9%e6%89%80
%e7%8d%85%e5%ad%90

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  2. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  3. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  4. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
ページ上部へ戻る