【市政】中学部活の遠征・用具費を補助 1人3千円、父兄の負担軽減

熱海市は、市内4中学校の生徒が部活動の費用を一部市費で負担する。209万9千円を市議会2月定例会の平成29年度一般会計予算案に計上し、3月15日の最終本会議で可決された。来年度以降も継続する方針。
新規の同補助金は運動部、文化部に参加する生徒1人3千円と各部1万円、または1校につき校長の裁量枠で3万円。補助金の使途は経費の種類を問わず、遠征費や用具費、楽器などの修繕費などに充当でき、保護者の負担が軽減する。
平成29年度予算編成では、斉藤栄市長が掲げる車の両輪「日本でナンバー1の温泉観光地づくり」「住まうまち熱海づくり」の施策推進へ、公営企業を除く5部1委員会にそれぞれ「重点施策推進枠」を初めて設定。部活支援事業は、熱海市教育委員会が重点施策として提案した。以下は教育委員会関連予算。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  2. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
  3. 2019-1-18

    しじみ汁振る舞い「金色夜叉」PR/仲見世通り商店街

    尾崎紅葉筆塚祭を盛り上げようと、熱海駅から筆塚への通り道となる「熱海仲見世振興会」(椎野文夫会長)は…
  4. 2019-1-18

    あす19日午後1時「湘南なぎさ連」阿波踊り/あたみ桜糸川桜まつり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道であす19日(土)午後1時から「湘南なぎさ連」が阿波踊りを…
ページ上部へ戻る