【編集室】熱海のレトロな風景25点 「熱海百景絵はがき」お土産に人気










日本一の温泉観光地を目指す熱海の風景を描いた「熱海百景絵はがき」原画展が8月1日から9月29日まで起雲閣で開催された。市内西熱海町に住む挿絵作家・酒井理恵子さん(41)の作品25点が展示され、訪れた人たちは水彩で描いたレトロな風景に見入っていた。
2010年に熱海ガイドクラブの依頼で海光町の石畳を描いた「石坂浪漫コース」が最初の作品。以来、コツコツと熱海のレトロな風景をロケハンしながら、制作を続け、「お宮の松と尾崎紅葉祭」「旧日向別邸」「双柿舎」「起雲閣」「来宮神社・大楠」「旧日向家熱海別邸」「網代地区・ひもの銀座」「伊豆山神社」などを次々に制作。14年に澤田政廣記念美術館で初めて展示会を開催した。今回が2回目の展示会で、前回から「ジャカランダの遊歩道」など8点が増えた。
「自分が表現したいことと、熱海のレトロな雰囲気がぴったりくるまで対象を見詰めながら、自分の感じた熱海を描いている。知れば知るほど、熱海っていいなあと感じてしまう」と酒井さん。3カ月に1枚がやっとの力作ばかりだが、まだまだ構想は尽きない。
■「熱海温泉熱海誌」とともに土産に人気
実はこの絵はがき、熱海のお土産として隠れた人気を呼んでいる。起雲閣など市内7カ所の店舗などで販売しているが、土産用に買い求める人が多いという。今年は市制80周年を記念して市が制作した「熱海温泉熱海誌」(定価3000円)もお土産として大好評。これまでは熱海のお土産というと、温泉まんじゅうや干物が定番だったが、若い観光客の増加とともに新たなヒット商品が仲間入りした。
(熱海ネット新聞・松本洋二)




熱海温泉雑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る