【編集室】熱海のレトロな風景25点 「熱海百景絵はがき」お土産に人気










日本一の温泉観光地を目指す熱海の風景を描いた「熱海百景絵はがき」原画展が8月1日から9月29日まで起雲閣で開催された。市内西熱海町に住む挿絵作家・酒井理恵子さん(41)の作品25点が展示され、訪れた人たちは水彩で描いたレトロな風景に見入っていた。
2010年に熱海ガイドクラブの依頼で海光町の石畳を描いた「石坂浪漫コース」が最初の作品。以来、コツコツと熱海のレトロな風景をロケハンしながら、制作を続け、「お宮の松と尾崎紅葉祭」「旧日向別邸」「双柿舎」「起雲閣」「来宮神社・大楠」「旧日向家熱海別邸」「網代地区・ひもの銀座」「伊豆山神社」などを次々に制作。14年に澤田政廣記念美術館で初めて展示会を開催した。今回が2回目の展示会で、前回から「ジャカランダの遊歩道」など8点が増えた。
「自分が表現したいことと、熱海のレトロな雰囲気がぴったりくるまで対象を見詰めながら、自分の感じた熱海を描いている。知れば知るほど、熱海っていいなあと感じてしまう」と酒井さん。3カ月に1枚がやっとの力作ばかりだが、まだまだ構想は尽きない。
■「熱海温泉熱海誌」とともに土産に人気
実はこの絵はがき、熱海のお土産として隠れた人気を呼んでいる。起雲閣など市内7カ所の店舗などで販売しているが、土産用に買い求める人が多いという。今年は市制80周年を記念して市が制作した「熱海温泉熱海誌」(定価3000円)もお土産として大好評。これまでは熱海のお土産というと、温泉まんじゅうや干物が定番だったが、若い観光客の増加とともに新たなヒット商品が仲間入りした。
(熱海ネット新聞・松本洋二)




熱海温泉雑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

10月
5
2018
9:30 AM リニューアル記念 特別展 @ MOA美術館
リニューアル記念 特別展 @ MOA美術館
10月 5 @ 9:30 AM – 11月 4 @ 4:30 PM
杉本博司と天正少年使節が見たヨーロッパ
10月
7
2018
全日 湯前神社 湯汲みパレード
湯前神社 湯汲みパレード
10月 7 – 10月 9 全日
10月6日 13;00 湯汲み神事(熱海駅前広場)→ 湯汲パレード 10月7日 13;00 献湯祭

ピックアップ記事

  1. 2018-9-25

    伝統行事、献歌と舞で源実朝をしのぶ/伊豆山神社「十五夜祭」

    熱海市の伊豆山神社で仲秋の名月の9月24日夜、「十五夜祭」があり、第67回「源実朝をしのぶ仲…
  2. 2018-9-25

    誓欣院で大供養祭・お焚き上げ 無病息災を祈念、水子の霊を回向

    熱海市上宿町の浄土宗法界山「誓欣院(せいごいん)」で9月24日、「水子供養 仏具・人形供養」と「…
  3. 2018-9-25

    月明かりの下 雅の音色で「十五夜」/来宮神社「仲秋観月祭」

    雅楽を聞きながら十五夜をめでる「仲秋の観月祭・演奏会」が9月24日夜、来宮神社であった。毎年…
  4. 2018-9-25

    【お悔やみ】谷口正子さん(熱海市銀座町)9月24日死去

    谷口正子さん(たにぐち・まさこ)9月24日死去、85歳。熱海市銀座町。通夜25日午後6時。葬儀26日…
ページ上部へ戻る