【社会】よいしょ! ひと足早いお正月 熱海駅前商店街で伝統の餅つき



2学期終業式があった12月22日、熱海市東部地区青少年健全育成会(磯聖幸会長)と桃山地区子ども会連合会(古内剛雄会長)は、熱海駅前郵便局裏の公開空地で小学生と地元住民らが一緒に餅つきを楽しむ催しを開いた。もち米30キロを役員30人が石臼ときねを使ってつく伝統行事。幼児から中学生までおよそ150人の子どもたちがきな粉やあんこ、のり巻きなどで味付けして味わった。熱海駅前の平和通り、仲見世通りの商店街は年末年始は大忙しとなることから、毎年、この時期にひと足早い餅つきを行っている。当初は田原本町の子どもたちへの冬休み前のサービスだったが、年々、規模が大きくなり現在は近隣の4町内が合同で実施している。活況が続く商店街に「よいしょ!」の大きな声が響いた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-1

    女子ゴルフの渡邉彩香さんが結婚 お相手は埼玉栄高同級生の柔道家

    熱海市出身の女子ゴルファー•渡邉彩香さん(27=大東建託)が3月1日、結婚を発表した。お相手は埼玉…
  2. 2021-3-1

    序ノ口優勝の熱海富士、序二段西48枚目 大相撲春場所番付 3月14日初日

    日本相撲協会は3月1日、大相撲春場所(14日初日、東京両国国技館)の新番付を発表した。初場所で序ノ…
  3. 2021-3-1

    満開の大寒桜、ひっそりとライトアップ 熱海市の渚親水公園市営駐車場

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出を控える動きが続く中、熱海市の渚親水公園市営駐車場で大寒桜(…
  4. 2021-2-28

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と20歳代男性 2月28日

    静岡県は2月28日、熱海市に住む高齢でない成人(性別は不公表)と20歳代男性の新型コロナウイルス感…
ページ上部へ戻る