【消防】文化財、火から守れ 古刹・保善院で合同消防訓練/熱海市泉




1月26日の文化財防火デーを前に25日、熱海市泉の曹洞宗の古刹「保善院」(西有善裕住職)で静岡県熱海市消防本部と神奈川県湯河原町消防本部が連携して訓練を行った。訓練は、寺の本殿から火が出たことを想定して行い、保善院関係者が初期消火と避難誘導を実施。119番通報で駆け付けた湯河原町消防隊が放水による消火活動をしながら、熱海市消防隊が駆けつけるのを待ち、合同で一斉放水して延焼を防いだ。西有優貴副住職が市指定の銅造延命地蔵菩薩像を火が届かないところまで搬出し、消防隊員がけが人を搬送した。
立地的に湯河原町に近い熱海市泉地区は、市外局番が湯河原町と同じ「0465」のため、119番通報すると、湯河原町消防本部につながるシステム。両市町は消防相互連携を締結しており、有事の際には協力して消火にあたったり、救助活動を行ったする。訓練には熱海市消防本部(オレンジのライン)から13人、消防車4台、湯河原町消防本部(イエローのライン)から6人、消防車両1台が参加して有事に備えた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■西有善裕住職 寺の檀家も熱海市泉と湯河原町におり、県境の泉地区は連携を図る必要がある。両市町の消防本部から火災を想定した対策の手順を確認でき、文化財や貴重品を持ち出す流れも確認できた。


■保善院(ほぜんいん) 曹洞宗の古刹。正式名は肥田山笹子寺保善院。泉地区を代表する寺で熱海市泉および湯河原町に末寺を7つ持つ。静岡県指定文化財の梵鐘(嘉吉3年銘)、熱海市指定の銅造延命地蔵菩薩像(南北朝時代)を所有する。


西有優貴副住職



西有善裕住職

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-26

    熱海土石流、捜索現場で土砂撤去作業中の男性死亡 藍染橋下に重機ごと転落

    9月25日午後4時ごろ、7月に土石流が発生した熱海市伊豆山の国道135号「逢初(あいぞめ)橋」の直…
  2. 2021-9-25

    熱海土石流、10月10日に伊豆山小体育館で追悼式 一般献花も

    熱海市は9月24日、伊豆山地区の大規模土石流発生から100日目となる10月10日午前10時から被災…
  3. 2021-9-25

    今宮神社例大祭、2年連続で神事だけ 神輿渡御・神輿パレードは中止 

    熱海市の今宮神社例大祭(10月19日、20日)の実行委員会(島田善一委員長)は9月24日、新型コロ…
  4. 2021-9-25

    【お悔やみ】中澤孝一さん(熱海市下多賀)9月23日死去

    中澤孝一さん(なかざわ・こういち)9月23日死去、83歳。熱海市下多賀562。通夜26日午後6時。…
ページ上部へ戻る