【社寺】弓の儀式、「三三九手挟式(さんさんくてばさみしき)」奉納/伊豆山神社

伊豆山神社の例大祭神事の後、境内裏で鎌倉時代から受け継がれる弓馬術礼法小笠原教場の弓の儀式「三三九手挟式(さんさんくてばさみしき)」が古式にのっとり行われた。
小笠原流は、初代長清が源頼朝の弓馬術礼法の師範となり、子孫らも江戸時代まで師範として将軍家に仕えた。静岡県弓道連盟が仕切って行われ、熱海市の室伏勲さんをはじめ、介添え役も含めて群馬、神奈川、静岡などから20人ほどが参加した。
武者姿の人物が「始めませえ」と宣言し、三三九手挟式がスタート。今年も武士の礼服「直垂(ひたたれ)」などを着た10人の射手が、細かく定めた所作をこなして9間(約16メートル)先にある直径約30センチの的を正確に射、五穀豊穣(ほうじょう)や厄よけなどを祈った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る