例年より10日以上早い開花、山肌に「ヒメノサワ」の花文字/姫の沢公園

大型連休の恒例行事「花まつり」(5月3日~6日)を前に、例年より10日以上も早く、熱海市の姫の沢公園でツツジが見ごろを迎えた。今週末は気温25度前後の6月下旬並みに天候が続き、早咲き種の開花が一気。訪れた多くの観光客の目を楽しませている。標高500メートルの園内にはおよそ6万本のツツジが植えられ、新緑の山肌を鮮紅、紅紫、白、ピンクに染めている。畝(うね)を作って描いた「ヒメノサワ」の文字もくっきりと浮かび上がった。シャクナゲやヤマブキも見ごろが続いている。
今回の「花まつり」は静岡県とJR6社による「静岡ディストネーションキャンペーン(DC)」のプレイベントとして開催され、ボルダリング、スタンプラリー、太鼓の演奏や信楽焼体験などが企画されている。
(熱海ネット新聞)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    ウォーターパークが連日満員 お盆休みで混雑/ 熱海サンビーチ

    お盆休みの8月15日、熱海サンビーチは海水浴を楽しむ家族連れやグループで賑わった。大型海…
  2. 2018-8-15

    お供え物を川に流さないで 送り火専用のゴミ箱を設置/熱海市

    あす8月16日は送り火。お盆は家に迎え入れた先祖の好きな食べ物やお供え物を、盆棚(精霊棚)に…
  3. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュ、バブル期以来の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  4. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
ページ上部へ戻る