川口健議長、104市の意見集約 12項目要望へ/全国温泉都市議長協議会

全国温泉所在都市議会議長協議会(加盟104市、川口健会長)の正副会長・監事会が5月28日、熱海市のホテル・ニューアカオで開かれた。全国6市と監事3市の市議会議長や議会事務局長ら22人が出席し、29日に東京・千代田区の全国都市会館で行われる総会の運営や国への要望について協議した。
会長の川口健熱海市議会議長は「温泉所在都市が抱える問題は山積しており、各市の意見を集約した。2017年度の訪日外国人旅行者は2977万人と過去最高を記録しており、外国人旅行者の受け入れ体制の強化は急務。廃業旅館の撤去費用などの財政支援とともに追加した」と述べ、継続要望のホテル・旅館等の耐震化推進、地震や火山噴火の風評被害払拭など12項目の要望にまとめた。29日の総会後、各省庁と国会に提出する。
(熱海ネット新聞)
■正副会長・監事会 会長=熱海▽副会長=伊東、八幡平、七尾、宝塚、長門、別府▽監事=登別、日光、今治

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  2. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  3. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  4. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
ページ上部へ戻る