盛大に御神幸行列 熱海市の夏祭り締めくくる/多賀神社例大祭



熱海市上多賀の多賀神社(雨宮盛克宮司)の例大祭・本祭が7月29日、盛大に挙行された。社殿での神事には氏子や町内会代表、齊藤栄市長夫妻らが参列し、五穀豊穣や家内安全などを祈った。御神幸行列は台風12号の影響で午後2時半に遅らせて神社を出発。道先案内役の金棒を先頭に鉾(ほこ)や獅子に先導されて、黒帽子に白丁に身を包んだ42歳の厄年を迎えた男衆が担ぐ御鳳輦(ごほうれん)が各地区を巡行し、多賀神社本神輿保存会「青塊会(せいれいかい)」の神輿が威勢よく練り、祭りを盛り上げた。
戸又港近くの135号線沿いのお旅所でも神事を行い、多賀神社鹿島踊り保存会の会員約40人が鹿島踊りを奉納した。戸又港では御鳳輦の浜降りを行い、青塊会が続いた。例年は2つの神輿が交互に数回ずつ海に入り、合同で勇壮な”海の練り”を披露するが、今年は台風の直後で海底の状況が懸念されたため、1回にとどめた。135号沿いには雨宮盛克宮司や氏子、地元住人、観光客が集まり、勇壮な浜降りに見入った。
御神幸行列は神社に到着後、還幸祭の神事を行い、鹿島踊りを奉納。7月7日の津島神社から始まった熱海市の夏祭りがつつがなく幕を閉じた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

1

2
御神幸行列

厄年奉仕者の担ぐ御鳳輦

青塊会

多賀神社鹿島踊り保存会






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-22

    8年ぶりに満月と重なる「仲秋の名月」 熱海湾に鮮やかムーンロード

    旧暦の8月15日に当たり「仲秋の名月」(十五夜)となった9月21日。暦と満月は必ずしも一致しないが…
  2. 2021-9-22

    熱海市全体の商業地3•7%、県内一の上昇率 トップは田原本町 基準地価

    国土交通省は9月21日、7月1日現在の基準地価を発表した。静岡県内の商業地は新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-9-22

    【お悔やみ】河野と志枝さん(熱海市網代)9月19日死去 107歳

    河野と志枝さん(このう・としえ)9月19日死去、107歳。熱海市の再高齢者。通夜23日午後6時。葬…
  4. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
ページ上部へ戻る