火星が地球に大接近、赤い輝き熱海でも 花火観賞後は天体観測

火星が7月31日夜、15年ぶりに地球に最接近し、熱海でも南の方角の夜空に明るく輝く赤い火星を肉眼でも見ることができた。この夜は熱海海上花火大会があったが、終了後も熱海サンビーチの砂浜やホテルなどで多くの観光客や市民が天体観測を楽しんだ。
火星は、太陽を中心に円軌道を回る地球のすぐ外側でだ円形の軌道を公転しており、2年2カ月ごとに地球に接近する。この夜は5759万キロまで接近(遠い時は1万キロ)。6000万キロを切る「大接近」は、2003年以来、15年ぶり。次回の大接近は17年後の2035年の9月11日でという。
火星は地球の1つ外側の惑星。水が流れていた跡や有機物が見つかっていることから、生命が存在する可能性があるとして、各国が観測や探査を強化している。日本でも火星探査の計画が進んでおり、フランスと協力して、火星の2つの衛星「フォボス」と「ダイモス」に探査機を着陸させて地表の物質を地球に持ち帰るプランを検討しており、6年後の打ち上げを目指している。将来的には火星に人を送る計画もある。
(熱海ネット新聞・天体取材班)


国立天文台HPより

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  2. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  3. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
  4. 2020-2-20

    熱海市、今秋にカスカイス訪問団 姉妹都市提携30周年で派遣

    熱海市は今秋、海外姉妹都市交流事業としてカスカイス市(ポルトガル)に公式訪問団を派遣する。提携30…
ページ上部へ戻る