火星が地球に大接近、赤い輝き熱海でも 花火観賞後は天体観測

火星が7月31日夜、15年ぶりに地球に最接近し、熱海でも南の方角の夜空に明るく輝く赤い火星を肉眼でも見ることができた。この夜は熱海海上花火大会があったが、終了後も熱海サンビーチの砂浜やホテルなどで多くの観光客や市民が天体観測を楽しんだ。
火星は、太陽を中心に円軌道を回る地球のすぐ外側でだ円形の軌道を公転しており、2年2カ月ごとに地球に接近する。この夜は5759万キロまで接近(遠い時は1万キロ)。6000万キロを切る「大接近」は、2003年以来、15年ぶり。次回の大接近は17年後の2035年の9月11日でという。
火星は地球の1つ外側の惑星。水が流れていた跡や有機物が見つかっていることから、生命が存在する可能性があるとして、各国が観測や探査を強化している。日本でも火星探査の計画が進んでおり、フランスと協力して、火星の2つの衛星「フォボス」と「ダイモス」に探査機を着陸させて地表の物質を地球に持ち帰るプランを検討しており、6年後の打ち上げを目指している。将来的には火星に人を送る計画もある。
(熱海ネット新聞・天体取材班)


国立天文台HPより

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 「 連」結成10周年、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る