プールのない多賀中の生徒5人、「競泳」で全国&東海体育大会出場

水泳部のない多賀中の3年生5人が8月中旬に岡山県と岐阜県で開かれる全国中学校体育大会、東海中学総体への出場が決まり、8月3日、父兄と熱海市役所を訪ね、齊藤栄市長に報告した。川口健市議会議長が同席した。

先に行われた県大会(浜松市)で200㍍自由形で杉本碧波(あおば)君が優勝(1分57秒60)し、8月17日から岡山県・児島マリンプールで始まる全国中学校体育大会の出場を決めた。団体(杉本碧波、黒川晴斗、時枝芽映、清水堅介、河合南希)で臨んだ多賀中チームは400㍍リレー、同メドレーリレーでともに4位に入賞した。東海中学総体(8月10日、岐阜県・長谷川スイミングプラザ)へは上位6チームが進める。
多賀中にはプールの設備がなく、水泳部もない。5人は月曜を除く毎日、伊豆市の伊豆スイムサポートに所属して練習に励んできた。移動には車で約40分かかり、父兄が交代で送迎を続けた。
市長は「みなさんの努力はもちろんですが、家族のサポートがあって全国大会、東海大会に行くとができた。熱海には才能に恵まれた子どもが多い。力を十分に発揮して下さい」と激励。川口議長は「プールがない小中学校の選手たちへの市の支援」を要望した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

齊藤市長への説明

選手たちの家族

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  2. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
  3. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  4. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
ページ上部へ戻る