800年以上伝わる秘伝「獅子神楽」奉納 今宮神社例大祭

今宮神社例大祭・宵宮祭が斎行された10月19日夕、本殿前で熱海市の指定無形民俗文化財・社伝神楽が奉納された。社伝神楽は同神社の獅子神楽保存会(山田良則会長、会員15人)が800年以上に渡って受け継いできたもので、「さがりは」(四方を清める舞)、「しんびょうし」(鈴と幣束を持って神を呼ぶ舞)、「くるいまい」(神が獅子に乗り移って厄除けをする舞)を奉納した。「くるいまい」では、獅子がたびたび観衆かみつくが、この獅子にかみつかれると「厄除けに」になるとされる。今年はこの日勤続50年表彰を受けた斎藤芳信さんと山田会長が演じた。
神事では、泉明寺宮司が祝詞を奏上し、八代一雄氏子総代長、神成将重実行委員長、齊藤栄市長、川口健市議会議長、中島幹雄熱海市観光協会会長、目黒俊男熱海温泉ホテル旅館協同組合理事長、今宮和田奉十絆(ぶじゅう)會の薄井勇会長らが玉串を捧げ、熱海市の安全や繁栄を祈願した。
(熱海ネット新聞)
動画‥13C2E237-DB68-46C8-8966-C9EDF2BCF460

🔸永年功労50年表彰  熱海市教育委員会は10月19日、今宮神社で市の無形民俗文化財「今宮神社獅子神楽」の平成30年度永年勤続者表彰を行った。50年勤続の斎藤芳信さんに新村茂昭教育長が表彰状と金と銀を合金した記念メダルを贈呈した。



10月19日  宵宮祭

10月20日  例大祭

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、県及び熱海市の休業協力金の対象から外れた事業者…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る