【まちづくり】熱海湾に1万5000匹のヒラメの稚魚を放流  

 

大熱海漁協(石井勝夫組合長)は19日、熱海湾(曽我浦)、伊豆山、多賀湾の3カ所の沖合にヒラメの稚魚を各5000匹放流した。同漁協青年部が御前崎市の県温水利用研究センターでふ化した稚魚を熱海港の水槽で6センチになるまで育ててきた。

熱海港では第二小学校の5年生42人が3隻の漁船に乗り込み、曽我浦に着くと船の上から小さなバケツに入れてもらった稚魚を「大きく育ってね、バイバイ」などと放流。ヒラメは1日の約1ミリ大きくなり、1年後には30センチに育つ。同漁協では32センチを超えたものを漁獲していくという。
放流は天然ヒラメの増加と熱海市民やホテル・旅館などに安定供給するために毎年続けられている。

(熱海ネット新聞)

 

DSCF2750DSCF2746

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  2. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
  3. 2021-11-30

    義援金 支援金の総額18億5000万円に 熱海土石流

    今年7月3日に発生した熱海市伊豆山の大規模土石流で、市は11月30日、同日現在で全国から寄せられた義…
  4. 2021-11-30

    紅葉ピークの熱海梅園、梅も続々開花 晩秋と冬春の共演

    「もみじまつり」が最終週を迎えた熱海梅園で380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレンジに染まり、ピー…
ページ上部へ戻る