【まちづくり】熱海湾に1万5000匹のヒラメの稚魚を放流  

 

大熱海漁協(石井勝夫組合長)は19日、熱海湾(曽我浦)、伊豆山、多賀湾の3カ所の沖合にヒラメの稚魚を各5000匹放流した。同漁協青年部が御前崎市の県温水利用研究センターでふ化した稚魚を熱海港の水槽で6センチになるまで育ててきた。

熱海港では第二小学校の5年生42人が3隻の漁船に乗り込み、曽我浦に着くと船の上から小さなバケツに入れてもらった稚魚を「大きく育ってね、バイバイ」などと放流。ヒラメは1日の約1ミリ大きくなり、1年後には30センチに育つ。同漁協では32センチを超えたものを漁獲していくという。
放流は天然ヒラメの増加と熱海市民やホテル・旅館などに安定供給するために毎年続けられている。

(熱海ネット新聞)

 

DSCF2750DSCF2746

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  2. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  3. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減か コロナの影響で過去最低の200万人割れ必至

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  4. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
ページ上部へ戻る