【ゴルフ】地元Vならず、渡辺彩香は33位

◇センチュリー21レディース最終日(27日・伊豆大仁CC=6531ヤード、パー72)=気温:32.7度、風速8.0m
熱海出身の渡辺彩香(20)=ユピテル=は1ーディ(4番ロング)、2ボギー(1番ロング、12番ロング)の73でラウンド。首位に10打差、通算1アンダーの33位で試合を終え、賞金37万8000円を加算した。
1打差の2位から出たイ・ボミ(25=韓国)が通算11アンダーで今季2勝目、日本ツアー通算7勝目を挙げ、優勝賞金1080万円を獲得した。
9アンダーの2位にアン・ソンジュ(韓国)、佐々木慶子、藤本麻子の3人。首位から出たウェイ・ユンジェ(台湾)は6アンダーの13位。成田美寿々、香妻琴乃は5アンダーの16位だった。

◇渡辺彩香の話 「地元の皆さんにたくさん応援して頂き、うれしかった。感謝の意味でも2勝目を挙げたかったが、もうちょといいゴルフを…という思いです」

 

map_all

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-11

    国際医療福祉大熱海病院、来年3月末で分娩休止 出産可能機関は安井病院だけに

    赤尾光一市議 熱海市の国際医療福祉大熱海病院が、産婦人科の医師の継続的な確保が難しく…
  2. 2019-12-10

    熱海の新年彩る「まゆ玉」づくり 来宮神社で縁起物の準備始まる

    熱海市の来宮神社で正月の縁起物「まゆ玉」作りが最盛期を迎えている。まゆ玉は家庭や職場にまつることに…
  3. 2019-12-10

    湯川れい子さん訳詞の「ボヘミアン・ラプソディ」、氷川きよしさんが日本語カバー

    英国の伝説的ロックバンド・クイーンと独自のパイプを持ち、熱海を拠点に活躍する音楽評論家の湯川れい子…
  4. 2019-12-10

    【お悔やみ】仲森栄さん(熱海市和田町)12月8日死去

    仲森栄さん(なかもり・さかえ)12月8日死去、79歳。熱海市和田町。通夜12日午後6時。葬儀13日…
ページ上部へ戻る