【社会】お盆の高速道、下りのピーク13日 上りは15、16日 

お盆や行楽シーズン期間中期間中、高速道路は13~16日を中心に渋滞が集中して発生し、ピークは下り線が13日、上り線が15、16日となる見込み。静岡県警交通規制課によると、県内の一般道では伊東市内や熱海市内を中心に渋滞が発生する見込み。11日には伊東市八幡野の国道135号上り線で最大約7キロの渋滞が予想されている。

一方、JR東海によると、東海道・山陽新幹線の混雑のピークは、下りが9、13日、上りが17日と予想。8日から17日までの新幹線指定席の予約状況は、前年比98%の120万席(7月24日現在)となっている。今年3月のダイヤ改正で「のぞみ」の運転本数を増やしたこともあり、「ひかり」はいずれの日も余裕があるという。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1年)が7…
  2. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  3. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  4. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
ページ上部へ戻る