【社会】お盆の高速道、下りのピーク13日 上りは15、16日 

お盆や行楽シーズン期間中期間中、高速道路は13~16日を中心に渋滞が集中して発生し、ピークは下り線が13日、上り線が15、16日となる見込み。静岡県警交通規制課によると、県内の一般道では伊東市内や熱海市内を中心に渋滞が発生する見込み。11日には伊東市八幡野の国道135号上り線で最大約7キロの渋滞が予想されている。

一方、JR東海によると、東海道・山陽新幹線の混雑のピークは、下りが9、13日、上りが17日と予想。8日から17日までの新幹線指定席の予約状況は、前年比98%の120万席(7月24日現在)となっている。今年3月のダイヤ改正で「のぞみ」の運転本数を増やしたこともあり、「ひかり」はいずれの日も余裕があるという。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  2. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  3. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  4. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
ページ上部へ戻る