【まちづくり】昭和レトロな看板で往年の熱海温泉を演出 仲見世商店街

「あたみ湯ったりアートフェスティバル」開催中の熱海市で、駅前にある仲見世商店街のお店の看板が評判になっている。「湯のまち熱海、思い出に残る商店街」をテーマに同商店街が設置しているもので昭和39年、東京オリンピック開催にわく熱海をイメージさせている。

制作したのは今アートフェスティバル開幕日に同商店街入り口にレトロな「熱海ビール」のストリートチョーク画を描いた栗田貴子さん。仲見世振興会の依頼を受けて4年前から手掛けたもので、各店舗がそれぞれのイメージで昭和のイメージを醸し出している。

また熱海で盛んだったクスノキ細工で装飾されたレトロ風のあんどん20基を新たに設置。発光ダイオード(LED)の柔らかな光が商店街全体を包むなど、他の商店街との差別化を図っている。

 

DSC_1829sss (1)DSC_1831sss (1)DSC_1844sssDSC_1843sssDSC_1837sss (1)DSC_2701ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  2. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
  3. 2018-12-14

    あすマリンスパあたみで陸前高田応援イベント「TAKATA-FESTA」

    あす12月15日、熱海市のマリンスパあたみで陸前高田応援イベント「TAKATA-FESTA(タカタフ…
  4. 2018-12-13

    “山田治雄”健康松花堂弁当、公開講座が満員 「釜つる」料理長 内山栄二さん

    静岡県の「健康長寿・食と健康」公開講座がこのほど、熱海市役所いきいきプラザで開かれ、ふじのく…
ページ上部へ戻る