【まちづくり】昭和レトロな看板で往年の熱海温泉を演出 仲見世商店街

「あたみ湯ったりアートフェスティバル」開催中の熱海市で、駅前にある仲見世商店街のお店の看板が評判になっている。「湯のまち熱海、思い出に残る商店街」をテーマに同商店街が設置しているもので昭和39年、東京オリンピック開催にわく熱海をイメージさせている。

制作したのは今アートフェスティバル開幕日に同商店街入り口にレトロな「熱海ビール」のストリートチョーク画を描いた栗田貴子さん。仲見世振興会の依頼を受けて4年前から手掛けたもので、各店舗がそれぞれのイメージで昭和のイメージを醸し出している。

また熱海で盛んだったクスノキ細工で装飾されたレトロ風のあんどん20基を新たに設置。発光ダイオード(LED)の柔らかな光が商店街全体を包むなど、他の商店街との差別化を図っている。

 

DSC_1829sss (1)DSC_1831sss (1)DSC_1844sssDSC_1843sssDSC_1837sss (1)DSC_2701ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-24

    森村誠一さん提唱の「熱海写真俳句撮詠物語」展 起雲閣で開催中

    写真俳句提唱者の森村誠一さんが名誉顧問を務める写真俳句団体「熱海写真俳句撮詠物語」(矢崎英夫代表)…
  2. 2020-10-24

    世界ポリオデー 熱海南ロータリークラブ、熱海駅で撲滅呼びかけ

    ポリオ(小児まひ)の根絶を目指す世界ポリオデーの10月24日、熱海南ロータリークラブ(岸秀…
  3. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  4. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
ページ上部へ戻る