【社会】富士山で16日朝、初冠雪を観測 熱海からもくっきり

山梨県の甲府地方気象台は16日朝6時に、気象台の職員が富士山の山頂付近が雪で白くなっているのを観測し、ことしの富士山の初冠雪を発表した。台風19号が通過し、上空に寒気が流れ込んだことから、富士山の山頂付近で雪になったとみられるとのこと。富士山の今年の初冠雪は、去年より3日早く、平年よりも16日遅い。富士山の初冠雪は甲府地方気象台で目視観測している。

熱海からもご覧ようにはっきり見ることができた。「うみえーる長浜イベント盛り上げ隊長」谷口仁志さんが16日午前7時30分頃ごろ、熱函道路のトンネル付近で撮影した。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る