【社会】富士山で16日朝、初冠雪を観測 熱海からもくっきり

山梨県の甲府地方気象台は16日朝6時に、気象台の職員が富士山の山頂付近が雪で白くなっているのを観測し、ことしの富士山の初冠雪を発表した。台風19号が通過し、上空に寒気が流れ込んだことから、富士山の山頂付近で雪になったとみられるとのこと。富士山の今年の初冠雪は、去年より3日早く、平年よりも16日遅い。富士山の初冠雪は甲府地方気象台で目視観測している。

熱海からもご覧ようにはっきり見ることができた。「うみえーる長浜イベント盛り上げ隊長」谷口仁志さんが16日午前7時30分頃ごろ、熱函道路のトンネル付近で撮影した。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の新技術開発財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始ま…
  2. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  3. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
  4. 2020-11-21

    前日発表の熱海市の陽性患者と一緒に勤務と食事、伊東市でコロナ感染者

    静岡県は11月21日、伊東市の高齢でない成人(県1118例目)が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る