【観光】15日から「もみじまつり」 秋深まる

”日本一遅い紅葉”で知られる熱海梅園で、15日から始まる「熱海梅園・もみじまつり」を前に、園内の木々が急ピッチで色づいている。先週の寒気で一気に「本番モード」に入り、葉の色を赤や黄色に染めている。気象庁によると、明け方の最低気温が8度より低く、夜と昼の温度差が大きいほどアントシアンと呼ばれる色素が増えて葉が色づくのだという。
12月7日までの期間中は毎日ライトアップ(午後5時~9時)され、週末にはジャズコンサートなども催す。

昨年の「もみじまつり」には前年比52%増の3万9898人が来園し、過去最多を記録。人出が最も多かったのは11月24日(日)の3794人。韓国庭園近くのこのビューポイントもご覧のようなオレンジ一色に染まった。

DSC_7680ss11月9日現在

DSC_0652ss昨年11月24日撮影


kouyou

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る