【市政】衆院選で転出した有権者269人に投票所入場券送らず、市選管が発送ミス

第47回衆議院総選挙(12月14日)で熱海市から転出後3カ月未満の有権者269人に投票所入場券が発送されていなかったことが分かった。17日、熱海市選挙管理委員会が発表した。転出者から「届かなかった」の指摘があり、市の調査で分かった。印刷ずれがあり、シールを張って修正する手はずになっていたが、放置したままになっていたという。
転出後3カ月未満の人は熱海市の選挙人名簿に登録され、市から郵便で投票所入場権が発送される。269人のうち1人は身分を証明するなどして自主的に期日前投票したが、残り268人は投票できなかった。

◇斉藤栄市長 今回の件は人為的なミスが原因で起こったものであり、公職選挙法に「投票所入場券を交付するよう努めなければならない」という規定があることを考えれば、誠に遺憾といわざるを得ません。今後は再発防止に取り組み、市民の皆様の信頼回復に努めてまいります。

期日前投票

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  2. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  3. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
  4. 2020-2-20

    熱海市、今秋にカスカイス訪問団 姉妹都市提携30周年で派遣

    熱海市は今秋、海外姉妹都市交流事業としてカスカイス市(ポルトガル)に公式訪問団を派遣する。提携30…
ページ上部へ戻る