【社寺】敬老観音で例大祭 中銀ライフケア

 

敬老観音の春の例大祭が23日開かれ、熱海市内の中銀ライフケアの入居者や社員ら約70人が参列した。中銀インテグレーションの渡辺蔵人社長のあいさつに続いて妙見寺(群馬)の小川晃豊住職によって大法要が営まれた。

 
熱海市を一望できる曽我山の山頂にそびえる敬老観音は参拝者の健康と長寿と幸を祈って昭和56年に中銀ライフケア設立者の渡辺酉蔵氏が建立。高さ約7メートルの観音像は伊豆出身の彫刻家、堤直美氏の作で法隆寺夢殿(奈良)のご本尊、救世観音がモデルになっている。
建立にあたっては急坂の狭い山道しかないため、ヘリコプターを使って安置され話題になった。

 
(熱海ネット新聞)

 

 

敬老観音

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-29

    熱海市で新たに21人がコロナ感染=1月29日

    静岡県と熱海市は1月29日、市内で21人の新たな感染が確認されたと発表した。県全体では1603人。前…
  2. 2022-1-29

    土石流を旧長浜海岸に搬入 高潮対策と公園緑地化を国交省に要望

    熱海市の齋藤栄市長と地元選出の勝俣孝明衆院議員(自民党)らがこのほど、国土交通省に泉田裕彦国土交通大…
  3. 2022-1-28

    熱海市のホテル旅館、従業員対象に無料PCR•抗体検査 3000人分確保

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、熱海温泉ホテル旅館協同組合(63施設、森田金清理事長)は2月1…
  4. 2022-1-28

    熱海市で新たに16人がコロナ感染 保育園1園を休園措置=1月28日

    熱海市教育委員会は1月28日、市内の保育園の1クラスで新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、1…
ページ上部へ戻る