【社寺】敬老観音で例大祭 中銀ライフケア

 

敬老観音の春の例大祭が23日開かれ、熱海市内の中銀ライフケアの入居者や社員ら約70人が参列した。中銀インテグレーションの渡辺蔵人社長のあいさつに続いて妙見寺(群馬)の小川晃豊住職によって大法要が営まれた。

 
熱海市を一望できる曽我山の山頂にそびえる敬老観音は参拝者の健康と長寿と幸を祈って昭和56年に中銀ライフケア設立者の渡辺酉蔵氏が建立。高さ約7メートルの観音像は伊豆出身の彫刻家、堤直美氏の作で法隆寺夢殿(奈良)のご本尊、救世観音がモデルになっている。
建立にあたっては急坂の狭い山道しかないため、ヘリコプターを使って安置され話題になった。

 
(熱海ネット新聞)

 

 

敬老観音

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-2

    「こがし祭り」お囃子の稽古スタート  夜の熱海に太鼓と笛の音色響く

    (さらに…)…
  2. 2022-7-2

    アカオビルがリニューアル 熱海ティーとチーズケーキの店「CHAPORTE」

    創業97年の「アカオ商店」(熱海市田原本町、赤尾光一代表) は7月1日、JR熱海駅前の「アカ…
  3. 2022-7-1

    参院選 若林洋平氏、熱海で「20代〜30代若手と語る会」SNSで無党派層強化

    参院選(7月10日投開票)の静岡選挙区に自民から立候補している若林洋平氏(50=公明推薦)は…
  4. 2022-7-1

    山田治雄・熱海市議が死去 95歳、日本最高齢の市議会議員

    日本で最高齢の市議会議員だった熱海市議の山田治雄(やまだ・はるお)氏が7月1日午前0時30分ごろ、入…
ページ上部へ戻る