【肉眼心眼】宿泊客減少に待った、花火大会5回増発 ドーンと計18回

宿泊数が14年ぶりに300万台を回復し、308万人を記録した昨年度の反動もあり、5月以降、熱海市の宿泊者数が微減している。基幹産業の小さな変化に市が素早く動いた。即効性があり、集客力が高い、海上花火大会の春、秋の増発である。
市が発表した平成29年度(2017年)熱海海上花火大会開催日程によると、打ち上げ回数を今年度(正規分)より4回増やし、計17回打ち上げる。ほかに3月11日に28年度分として1回追加。29年度は春季を2回→5回、秋季を1回→3回に増やす一方、冬季を3回→2回に減らし、夏季は6日に据え置いた。
夏冬の回数を抑え、春秋を増やしたのは「繁忙期の7、8月と12月はホテル旅館が満パイ状態にあり、キャパシティー的に増客は難しい。その分を春秋の誘客につなげる」(稲田達樹観光建設部長)狙いがある。四季を通じて伝家の宝刀で集客する方針。
来年3月11日の追加打ち上げは、先の9月定例会で600万円の補正予算を組み、決定した。来年度の開催分は、当局が新年度の予算を編成し、議会の承認を得る必要があるが、誘客には早めに日程を発表し、旅行代理店等に知らせる必要があり、反対の声は少ない。民間団体主催分の花火を除けば、1年度に17回打ち上げるのは過去最高という。市制施行80年のメモリアルイヤーとなる平成30年を最高の形で迎えたいという、斉藤栄市長の強い意欲が見て取れる。
◆平成29年(2017年)
春 3/11(土)・4/15(土)・5/13(土)・6/10(土)
夏 7/23(日)・7/28(金)・8/5(土)・8/8(火)・8/18(金)・8/20(日)・8/24(木)
秋 9/18(月祝)・10/9(月祝)・11/12(日)
冬 12/10(日)・12/17(日)
◆平成30年(2018年)
春 1/14(日)・2/12(月祝)
※29年3月11日の開催は28年度分

%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%b3%e3%81%b2%e3%81%a8

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る