【社寺】徳川家光ゆかりの御殿稲荷神社で初牛祭 「熱海温泉の商売繁盛」を祈願

 

熱海市役所の第3庁舎入口に鎮座する「御殿稲荷(いなり)神社」(雨宮盛克宮司)で9日、初午(はつうま)祭が開かれた。

「初午祭」とは、2月立春過ぎの最初の牛(うま)の日に行う稲荷神社の祭礼で長寿、息災、商売繁盛などを祈る伝統行事。伏見稲荷大社の神様がその日に稲荷山に鎮まったという伝承によるもので、祭礼日は2月初午と5月3日。

雨宮宮司が神事を執り行い、祝詞を奏上したあと、同神社の世話人代表の講元を務める森岡俊光さんや池田茂樹町内会長、斉藤栄市長らが玉串を奉てんし、「熱海の景気がよくなるよう」祈願した。

 

同神社は2012年、熱海市役所の建て替えにあわせて新宿町内会の人たちが自主的に社、棚、石垣を改修して塗り替え、ご覧のように威光を取り戻した。

今回もこの初牛祭に備え、山田畳店が厚意で社の畳を張り替えた。

(編集主幹・松本洋二)

 

◇御殿稲荷(ごてんいなり) 江戸幕府三代将軍・徳川家光は、家康が大湯の温泉で湯治した熱海に湯治御殿を造らせた。その際、御殿の鬼門除けのために京都京都伏見神社より分祀して建立した。

 

稲荷祈祷

 

 

 

 

稲荷外観2

 

 

 

稲荷像

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る