【社寺】30日に夏越(なごし)の大祓(はらえ)、伊豆山神社で茅の輪くぐり

夏越(なごし)の大祓(はらえ)の茅(ち)の輪が18日、伊豆山神社(原口尚文宮司)にお目見えした。茅の輪は、茅(かや)で作られた輪で、正月からの半年間のけがれをはらうため、くぐり抜けると御利益があるとされる。同神社では、6月30日午後4時に夏越の大祓式を行うが、遠方からの参拝者や当日来られない人のために、早めに設置した。梅雨の季節でもあり、大祓式の本番では同じ形状の新たな茅の輪に入れ替える。

写真=伊豆山神社

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-24

    有料花火化の実証実験 熱海花火フェス、「1人1万円」チケットが即完売

    熱海市内の花火大会を手がけるイケブン(静岡県藤枝市)は10月23日、熱海湾で「SHIZUOKA・…
  2. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  3. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  4. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
ページ上部へ戻る