【防災】マグニチュード8に上方修正して津波訓練 熱海市

 

熱海市は東日本大震災から3年を前に9日、市内の沿岸部で津波避難訓練を実施した。26自主防災会のほか、行政、観光、警察、消防など約1500人が参加した。

昨年までは「マグニチュード7.0」、震度6強以上の地震による津波(10.5m)を想定して行っていたが、今年は「マグニチュード8.0」に上方修正して実施した。

避難ビルに指定されているマックスバリュ熱海店には清水、中央渚、旭町、旭町2丁目の住民らが避難した。

観光客の津波避難訓練も行い、斉藤栄市長が「海辺のあたみマルシェ」が開催されている銀座通り商店街を視察して歩いた。

(熱海ネット新聞)

 

市長防災

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-2

    「こがし祭り」お囃子の稽古スタート  夜の熱海に太鼓と笛の音色響く

    (さらに…)…
  2. 2022-7-2

    アカオビルがリニューアル 熱海ティーとチーズケーキの店「CHAPORTE」

    創業97年の「アカオ商店」(熱海市田原本町、赤尾光一代表) は7月1日、JR熱海駅前の「アカ…
  3. 2022-7-1

    参院選 若林洋平氏、熱海で「20代〜30代若手と語る会」SNSで無党派層強化

    参院選(7月10日投開票)の静岡選挙区に自民から立候補している若林洋平氏(50=公明推薦)は…
  4. 2022-7-1

    山田治雄・熱海市議が死去 95歳、日本最高齢の市議会議員

    日本で最高齢の市議会議員だった熱海市議の山田治雄(やまだ・はるお)氏が7月1日午前0時30分ごろ、入…
ページ上部へ戻る