衆院選静岡6区、大嶽創太郎氏 立候補を取りやめ 野党候補の不利回避で

衆院静岡6区からの出馬を予定していたフリージャーナリストの大嶽創太郎氏(39)が10月13日、出馬を断念すると表明した。「岸田政権の発足で野党候補の苦戦が予想されるなか、私が出馬すれば自民党候補がさらに有利になる」というのが理由。
衆院静岡6区からは立憲民主党・渡辺周衆院議員(59)、自民党・勝俣孝明衆院議員(45)、日本維新の会・山下洸棋氏(30)が立候補を表明している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る