衆院選静岡6区、大嶽創太郎氏 立候補を取りやめ 野党候補の不利回避で

衆院静岡6区からの出馬を予定していたフリージャーナリストの大嶽創太郎氏(39)が10月13日、出馬を断念すると表明した。「岸田政権の発足で野党候補の苦戦が予想されるなか、私が出馬すれば自民党候補がさらに有利になる」というのが理由。
衆院静岡6区からは立憲民主党・渡辺周衆院議員(59)、自民党・勝俣孝明衆院議員(45)、日本維新の会・山下洸棋氏(30)が立候補を表明している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-28

    【お悔やみ】阿部信夫さん(熱海市東海岸町)1月26日死去

    阿部信夫さん(あべ・のぶお)1月26日死去、71歳。阿部商店。熱海市東海岸町7の15。通夜29日午後…
  2. 2022-1-28

    【お悔やみ】山田うた子さん(熱海市和田町)1月26日死去

    山田うた子さん(やまだ・うたこ)1月26日死去、91歳。熱海市和田町12の5。出棺31日午前11時、…
  3. 2022-1-27

    熱海市の新規コロナ感染者22人 県内では過去最多を3日連続更新=1月27日

    静岡県と熱海市は1月27日、熱海市で22人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  4. 2022-1-27

    「まん延防止」適用の酒類販売と時短、30日までは準備期間で通常営業

    新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の適用を受け、静岡県はきょう1月27日から人流抑制のため飲食店…
ページ上部へ戻る