衆院選静岡6区、大嶽創太郎氏 立候補を取りやめ 野党候補の不利回避で

衆院静岡6区からの出馬を予定していたフリージャーナリストの大嶽創太郎氏(39)が10月13日、出馬を断念すると表明した。「岸田政権の発足で野党候補の苦戦が予想されるなか、私が出馬すれば自民党候補がさらに有利になる」というのが理由。
衆院静岡6区からは立憲民主党・渡辺周衆院議員(59)、自民党・勝俣孝明衆院議員(45)、日本維新の会・山下洸棋氏(30)が立候補を表明している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-26

    熱海梅園で「梅」開花 今季も日本最速 一番咲きは白の冬至梅

    日本一早咲きの梅の名所で知られる熱海梅園で10月25日、今シーズン最初の花を咲かせた。韓国庭園横の冬…
  2. 2021-10-26

    【お悔やみ】小山久子さん(熱海市下多賀)10月25日死去

    山久子さん(こやま・ひさこ)10月25日死去、91歳。熱海市下多賀1431の13。通夜27日午後6時…
  3. 2021-10-26

    【お悔やみ】星川洋章さん(熱海市小嵐町)10月22日死去

    星川洋章さん(ほしかわ・ひろあき)10月12日死去、84歳。熱海市小嵐町13の33。告別式26日午後…
  4. 2021-10-25

    公明党の石井啓一幹事長、自民党と合同で熱海駅で街頭演説

    公明党の石井啓一幹事長は10月25日、同党の衆院選比例東海ブロックと静岡6区に立候補した自民党の前職…
ページ上部へ戻る