自民勝俣孝明氏、4度目の挑戦で「小選挙区」初勝利 野党渡辺周氏の牙城奪還

衆院選は10月31日夜に投開票され、自民・立民・維新の3党の争いだった静岡6区は、自民前職で元環境政務官の勝俣孝明氏(45)が立民前職で党幹事長代行の渡辺周氏(58)を小選挙区で初めて破り、4選を果たした。勝俣氏は4回目の挑戦で小選挙区初勝利。25年間無敗(8連勝)だった渡辺氏は野党の牙城を切り崩され、初めて敗北。比例代表東海ブロックで復活当選した。
前回選では631差で敗れ、比例復活したが、今回は逆に4420差で勝利し、悲願を達成。1996年に小選挙区比例代表並立制が導入されて以来、自民党候補が勝利したのは初めてで、勝俣氏が静岡6区の歴史を変えた。
(熱海ネット新聞)

【当選=確定票】
当選 勝俣孝明氏(自民) 10万4178票
比例 渡辺 周氏(立憲)  9万9758票
   山下洸棋氏 (維新)  2万2086票

【熱海市=確定票】
勝俣孝明氏(自民) 7782票
渡辺 周氏(立憲) 6611票
山下洸棋氏 (維新). 1875票

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る