熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 290基のかがり火で精霊送る

お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から、熱海市の多賀海岸で営まれた。長浜海水浴場から小山臨海公園がある中野までの約3000メートルに290基のかがり火が一斉にたかれ、先祖の精霊を送り、無病息災を祈った。
南熱海多賀地区は古くからみかんやだいだいの産地として知られ、夏になるとみかん畑の害虫駆除のため、海岸で大規模なたき火を行い、飛び込んできた害虫をまとめて除去したという。そんな伝統行事も昭和に入り姿を消したが、昭和30年代にお盆の送り火として復活。年々評判を呼び、近年は多賀地区最大イベントに成長した。
当初は文字通り108基で始めたが、今では290基まで増え、住民が総出で火をともした。京都や箱根など大規模な「大文字」の送り火はあるが、「一文字」では多賀の送り火は日本最大級。海面は橙(だいだい)色に染まり、ゆらめく炎が幻想的-。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る