市民ホール、建設に前進 年内に複数の案、模型を公表 熱海市が建設工程表示す

熱海市が今年度(2019年度)から整備事業を再開するとしている熱海岡本ホテル跡地(上宿町市有地)に建設する市民ホール(仮称熱海フォーラム事業)について、具体的な工程表を示した。
年内に複数の案や図面、模型などの原案を公表し、2020年度に機能、規模、整備手法などをまとめ、2021年度に詳細な設計を行った上で、齋藤栄市長の今任期最終年度の2022年度に着工する。9月18日の市議会9月定例会で、越村修市議の一般質問に市当局が答えた。
市長は「目に見える形で施設のイメージ感や具体的規模を示してこなかったことが、(市民に)不安を与えた要因になったという反省がある。今後は出来るだけ高さや階数といったことも含め、施設の規模や機能概要をお示しする」と述べた。
現在、市は市民ホール建設に向けた財政計画の精査や市民団体への聞き取り、建設費や稼働状況、管理方法、現地調査を行なっているという。
傍聴席では、早期着工を求める熱海市民有志でつくる「熱海ホール建設市民の会」の滝野慶子代表や発起人の藤間恵見子さんらが熱い視線を送り、市長の「目に見える形で原案を示したい」の説明に「一日も早く熱海らしい誇り高いホールを造ってほしい」と期待を寄せた。
上宿町市有地は、多目的市民ホールや図書館などの複合施設建設を目指して2014年4月に市が3億7500万円で取得。しかし、図書館の運営方法などで混乱し、2017年2月に「学校施設の修繕、南熱海支所・消防署南熱海出張所などに集中的に取り組むため、事業の推進を一旦延期する」と事業を一旦中断。2年間で一定の目途が達成されたことから市長は今年2月の施政方針演説で「2019年度から再スタートし、私の任期中に着工を目指す」としていた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る