コロナ退散願い「2尺玉」 直径500mの大輪、熱海の夜空焦がす

この夏3度目の熱海海上花火大会が8月21日、熱海湾で開かれ、サプライズで2尺玉(20号玉)を打ち上げた。フィナーレの大空中ナイアガラの前に長い光の尾を残しながらゆっくりと上昇すると、上空600メートルで青い閃光(せんこう)を放った後、直系約500メートルの鮮やかなオレンジ色の大輪を咲かせた。後を追うように「ドドーン」の轟音(ごうおん)が響き、渚親水公園やサンビーチで観覧した1万1千人(主催者発表)から拍手が起きた。
この2尺玉は、直径約60センチ、重さ70kgあり、熱海市の花火を手がける株式会社イケブン(藤枝市)特製の八重芯錦冠菊。例年は、夏季シリーズの最終日に年に1度だけ打ち上げるが、今年は新型コロナウイルスの退散を願って2度打ち上げる。
夏季熱海海上花火大会は23日と27日にも開かれるが、「密」を避けるため、どちらに打ち上げるかは、公表していない。市民や別荘所有者には、自宅付近や、生中継するし公式のYouTubeチャンネル、ケーブルテレビIKCで楽しむように呼びかけている。
(熱海ネット新聞)
■主催 熱海温泉ホテル旅館協同組合、熱海市、熱海市観光協会、熱海商工会議所

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る