熱海サンビーチ、今季の海開き終了 8月中はライブセイバーを配置

熱海市内で海開きした熱海サンビーチと長浜海水浴場、網代温泉海水浴場(大縄公園)が8月23日、今季の運営を終了した。熱海市は8月末までは引き続きライフセーバーを配置して水難事故防止に努めるが、リストバンドを使った入場規制などは行わない。ウォーターパークの営業も終了した。
3海水浴場とも7月23日から8月23日日までの32日間開設。来場者が殺到するなどした場合は入場を制限するなどして対応する計画だったが、大きな混雑や混乱はなかった。学校の夏休みが例年より短くなったことや外出自粛、梅雨明けが遅かったことなどが要因と見られる。

24日は運営関係者らが看板の取り外しや施設の撤収作業などを行ったが、海開き期間同様、首都圏などからの約1000人の海水浴客が訪れている。
(熱海ネット新聞)
写真=8月24日の熱海サンビーチ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-25

    【お悔やみ】三枝俊雄さん(熱海市田原本町)1月23日死去

    三枝俊雄さん(さえぐさ・としお)1月23日死去、82歳。食事処ふくや。熱海市田原本町1の5。通夜26…
  2. 足湯

    2022-1-24

    新たに児童のコロナ感染判明 熱海市内の別の小学校1校で学年閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月24日、市内の小学校1校で新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、当該校の…
  3. 2022-1-23

    上多賀など南熱海4地区で「どんどん焼き」 たぎる炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月23日午前、南熱海の4地区(上多賀、下多賀、中野、和田木)で開催さ…
  4. 2022-1-23

    熱海市の新規コロナ感染者14人 10人超は6日連続=1月23日

    静岡県と熱海市は1月23日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。前日…
ページ上部へ戻る