熱海おさかなフェスティバル開幕中 市内イベント、本格再開へ第一歩

熱海市の渚親水公園で10月31日、イベントの本格的な再開へ向け、「第10回熱海おさかなフェスティバル」(熱海市観光協会、実行委員会主催)が始まった。今年は新型コロナウイルスの感染拡大が始まった4月以降、熱海市では春夏のビールまつりやこがし祭りをはじめ、全ての主要イベントを中止してきたが、規模を縮小した上で開催し、再開へ踏み出した。
会場を広い熱海港ナナハン岸壁から渚親水公園のレインボーデッキ・イベント広場に移し、熱海保健所の助言を受け、実行員会が設定したガイドラインに沿って実施。入り口を2カ所に制限して検温検査を行なったり、飲食時以外のマスクの着用、客席に社会的距離を設けるなどの対策を徹底させている。

熱海の海の幸をその場で七輪で焼いて味わえる人気の浜焼き(海鮮バーベキュー)は1台4席を30台用意。7種類の魚介類が盛られた人気のセットはテーブルチャージ込みで2千円。伊勢海老も千円から販売している。飲食ブースも10店が並び、シラスまん(中華まん)、熱海焼き(お好み焼き)、網代イカメンチ、イカ焼き、カニ汁などの地元料理や熱海ビール、あたみだいだいサワーなどのドリンクを販売している。
恒例のステージショーと干物作り教室や釣り大会、船釣りなどの体験イベントは取りやめた。主催者はおさかなフェスティバルを検証し、今後の市内イベントの入場制限の緩和につなげる方針。
開催時間は31日が午前10時〜午後4時、1日が午前10時〜午後3時。
(熱海ネット新聞)

長沢寛治熱海料飲連合会会長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  2. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  3. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
  4. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
ページ上部へ戻る