ハロウィーンの夜 熱海の空に46年ぶりの満月 しかも「ブルームーン」

ハロウィンの夜となった昨日10月31日、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、熱海市でも各種イベントが自粛された。代わって注目を集めたのが月の天体ショー。46年ぶりにハロウィンと満月が重なり(次回は38年後)、それも今回はひと月に満月が2度現れる「ブルームーン」となった。月の満ち欠けは、平均すると29・5日のサイクル。満月は基本的にひと月に1回だが、月の初めに満月となれば、月末に再び満月になる。今月は2日が満月だった。日本でのブルームーンは2018年3月以来で、約2年半ぶり
また、月は地球の周りを公転し、軌道が楕円形をしているため、地球と月との距離は一定ではなく、この夜の満月は「2020年で、最も小さく見える満月」。マイクロムーンと呼ばれ、レア満月だ。記録尽くめの満月を熱海ネット新聞は写真に収めた。月の右下にオレンジ色に輝くのは火星。ただ今、地球に接近中ー。
(熱海ネット新聞・天体取材班)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る