マスク着け「福は内」 今宮神社で節分祭 鬼と疫病退散を祈願

暦のずれの影響で例年より1日早い節分となった2月2日、熱海市の今宮神社で節分祭があった。新型コロナウイルス感染症防止のため、今年は恒例の参拝者を集めての豆まきは行わず、泉明寺みずほ宮司がコロナの早期収束や無病息災の祝詞を奏上し、境内に向けて静かに福豆をまいた。追儺弓神事も行い、神社役員が矢を境内に放ち、厄除けを祈願した。

神事後、今年度の厄年奉賛会の年男たちが氏子町内の子供たち向けの豆まきを企画。近くに参拝者が入れないようにした上で、常設舞台の中で小さな声で「鬼は外、福は内」と言いながら豆をまいた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る