熱海土石流災害、3日夜に10人救助 約20人の安否不明者とは別の人

大規模な土石流災害から一夜明けた7月4日朝、熱海市は市役所で第3回熱海市災害対策本部会議を開き、捜索活動の状況を公表した。3日夜、新たに10人(男性6、女性4)を救助し、命に別状はないという。いずれも伊豆山の仲道地区から国道135号線の逢初橋、浜地区付近の自宅などに取り残された人でこれで救出者は計11人(政府の発表は19人)。約20人の安否不明者はこの中に含まれていない。今回の土石流ではこれまでに女性2人の死亡が確認されている。
3日夜時点での被害棟数について市は80棟としているが、県の発表では4日午前6時時点で130棟が土砂に押し流された。15カ所設置した避難所へは387人の地元の人が避難している。
4日は午前6時から県道沿いの逢初川の上流、東西100メートル、南北2キロの範囲で捜索を行い、消防や警察、自衛隊、海上保安庁の1000人態勢で午後6時まで続ける。この区域は重機が入れないところが多く、二次災害を警戒しながら、マンパワーでの捜索を行う。
齋藤栄市長は、「(被害発生から)72時間が人命救助の一番大事な時間となる。土砂災害に警戒しながら、安否不明者の救助に全力をあげるよう」指示した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る