倒壊家屋の捜索が9割方終了、自衛隊が撤収 今後は消防と県警で

熱海市伊豆山の土石流災害で、行方不明者の捜索を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の最後まで捜索を続けてきた300人が7月31日、撤収した。自衛隊は土石流が発生した7月3日から隊員を派遣し、陸自板妻駐屯地(御殿場市)のほか、関東地域からこれまでに延べ約9千人が活動に加わった。
難航した市道伊豆山神社線山側の倒壊家屋の捜索が9割方終了したことから、今後は、消防の県内応援部隊と県警による捜索とともに、民間重機を活用した重機主体の活動になる。
最後の活動を終えて熱海港の宿営地に集まった隊員を前に、齋藤栄市長は「この4週間、暑さと泥との闘いだったと思う。恐怖と不安に襲われた市民は、皆さんの姿に勇気づけられた」と謝辞を述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  2. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  3. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  4. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
ページ上部へ戻る