超特大「2尺玉」花火に祈り込め、土石流災害の犠牲者追悼 

熱海湾で10月30日夜、熱海海上花火大会シリーズが約4カ月ぶりに再開した。熱海市では夏の花火シーズンを前に伊豆山地区で大規模な土石流災害が発生。コロナの緊急事態宣言もあり、民間花火製造会社イケブンが企画した前週の臨時花火大会を除いては6月6日以来の打ち上げとなった。
今回は熱海市観光協会が主催し、通常のプログラムを一部変更。開始前に齋藤栄市長が被災犠牲者に哀悼の言葉を述べ、全員で1分間の黙とう。恒例のカウントダウンに変え、追悼の想いを込めて超特大の「2尺玉」(直径約60センチ)を打ち上げた。開花直系は約500メートル。大輪の花の端は海面に及び、8000人(主催者発表)の観客を魅了した。2尺玉は例年、8月の最終週に熱海市ホテル旅館協同組合が年に1度だけ打ち上げてきた。
次回の熱海会場花火大会は11月7日に開催する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る