大阪の放火殺人事件受け、雑居ビル35棟を緊急立ち入り検査 熱海市消防本部

大阪市北区の雑居ビル内のクリニックで起きた放火殺人事件を受け、熱海市消防本部は12月20日から雑居ビルの緊急立ち入り検査を始めた。事件があった大阪の雑居ビルには階段が1つしかなく、被害者が逃げ遅れる原因の一つになったとみられることから、類似の建物の階段や通路の維持管理状況を重点的に点検する。市によれば、市内には昭和に建てた古いビルを含め、雑居ビルが237棟ある。初日は市内清水町にある雑居ビルで消火設備の設置状況や避難路の回りに障害物がないかなどをチェックした。金子恭之総務相は12月19日、全国の消防に対し、雑居ビル約3万棟に立ち入り調査し、結果を報告するよう要請していた。

市内の小規模雑居ビルに入居する飲食店や事業所には、出入り口が1カ所だけで、構造上逃げ道がない袋小路の店舗も少なくなく、不安視する声が上がっている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る