少子化でも「モー大丈夫」 牛が御鳳輦をけん引 今宮神社例大祭

熱海市の今宮神社(泉明寺みずほ宮司、鈴木勝宏総代長)例大祭が10月19日始まった。初日は神幸行列などが行われ、3年ぶりに通常ルートで実施した。例年は厄年奉賛会の男衆が「御鳳輦(ごほうれん)」を担ぐが、今回は京都市の葵祭などで使われる牛(春子、11歳)が登場。台車に乗せて御鳳輦を引き、今年度の厄年奉賛会「今宮櫻花乃の集い(おうかのつどい)」(櫻井清孝会長)の会員が扮した大黒、恵比寿が厄払いの福もちを配りながら、地域の繁栄を願った。午後は神社神輿も加わった。
沿道には、牛車を使った巡行を見ようと氏子や子どもたちが集まり、例年以上の見物客が男衆に声援を送った。牛は約800キロあり、堂々と熱く姿を写真に収めたり、近くで見て楽しんだ。

背景には、少子化で日本全国で神輿の担ぎ手が不足している実情がある。同市の来宮神社では戦後、戦争の影響で担ぎ手が足りなく、丹那の牛を借りて巡行した時期があった。同會は今年、氏子総代会や祭典委員会とも相談して、神輿の台車奉納を申し出、初めて実施した。
今後も人口減少が続くことから、新たなモデルケースとして注目されている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-27

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-24

    稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社

    来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典…
ページ上部へ戻る