「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅葉」の謳(うた)い文句の通り、4日も見ごろが続き、情景を楽しむ人たちで賑わった。
園内は380本ある楓(かえで)類が深い赤色や黄色に染まり、ピーク状態だが、紅葉は場所を移して進んでおり、舞い散ったイチョウやモミジの落ち葉で彩られた「敷(しき)もみじ」は、これからが本番。咲き出した早咲き種の梅とともに園内を彩り、まつり閉幕後も十分楽しめる。
最終日は、熱海菓子商工組合によるもみじまつり限定まんじゅうの販売やジャズコンサートなどが開かれるほか、午後8時20分から熱海湾で忘年熱海海上花火大会が開催される。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る