【市議会】「辞表を事務局預かり」で決着 金森副議長が辞意を表明

23日の本会議で副議長問題を巡って午前10時40分から中断していた熱海市議会6月定例会は、午後4時30分に本会議を再開して残り1案件を可決してすぐに閉会した。この間に代表者会議や自民党議員団と熱海進政会議員団(以下進政)の話し合いが断続的に続けられ、通例に従って辞表を出さなかった副議長の金森和道氏(進政)から「これ以上の混乱を避けたい」と辞任の申し出があった。ただし、「すぐには応じられない」としたことから、日付欄に8月31日を記入した辞表を議会事務局に提出することで決着した。9月定例会の初日に副議長選挙を実施する予定で小森高正氏(進政)が選出されるものとみられる。副議長は決算委員会を差配する重職。
一時は自民党議員団から「副議長不信任案」提出の動きもあり、緊張する場面もあったが、「議長の2年任期は申し合わせをしているが、副議長の1年任期は通例」を主張する山田治雄進政代表をなだめる形で、金森氏が辞任の意向を申し出て幕引きとなった。
◆自民党議員団・高橋幸雄会長 熱海市議会では議長が2年、副議長が1年で交代することが通例になっている。6月定例会前から議長が(熱海進政会に)副議長をどうするのかと考えを質していたが、回答がなかった。金森氏は辞表を出す腹積りでいたようだが、会派の方針に従わざるを得なかったのだろう。約束を遵守することを見守りたい。多くの議員に勉強してもらいため、これまで副議長は1年で交代してきたし、それがいいと考えている」
写真=6月定例会の閉会後、副議長問題を説明する自民党議員団・高橋幸雄代表

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
  2. 2022-8-5

    3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

    「第75回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開か…
  3. 2022-8-5

    市長選「チームみずほ」旗揚げ 泉明寺みずほ後援会が事務所開き

    熱海市長選(9月4日告示、11日投開票)に出馬を予定している新人で市議の泉明寺みずほ氏(51…
  4. 2022-8-5

    第二小5年の安斎くん、市長に優勝報告 静岡県学年別柔道大会V

    5月に静岡県武道館(藤枝市)で開かれた「第19回県小学生学年別柔道大会」(主催・静岡県柔道協…
ページ上部へ戻る