【熱海の花】22年ぶりの「秋分の日」揺れる深紅の彼岸花 

%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97
9月22日は二十四節気の秋分。彼岸の中日とも呼ばれ、これから夜の時間が少しずつ長くなっていき、秋が深まる。 熱海梅園の初川清流では彼岸花(ヒガンバナ)が見頃を迎えた。市内外から多くの人が訪れ、風に揺れる深紅の花を写真に収めたり、じっくり鑑賞するなどして楽しんでいる。ところで「秋分の日は23日だったような」と思う人も多いのでは。それもそのはず、秋分の日は9月23日が多く、22日になるのは22年ぶり。それより前の22日は1896年(明治29年)というから驚く。ちなみに次の22日の秋分の日は東京五輪パラリンピックが開催されるの2020年という。
◆春分の日と秋分の日 国立天文台が太陽の位置、月の満ち欠けなどを計算。太陽が真東から出て真西に沈み、昼と夜の時間がほぼ同じになる日を決めるため、固定ではなく年によって変わる。今年は春分の日も例年より1日早い3月20日。

%e3%81%8b%e3%81%b0%e3%83%bc
img_6616ss
%e8%b5%a4
%e7%99%bd

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る