強風でエアテント飛び、参拝客の男性が軽いけが 熱海市内の神社

5月3日午前10時45分ごろ、熱海市西山町の神社の社務所屋上にある休憩スペースに設置されていたエアテント(幅約5メートル、奥行き約10メートル、重さ約50キロのビニール製)が強風で飛ばされ、参拝客の茨城県日立市の男性会社員(32)にぶつかった。男性は弾みで倒れ、地面に頭を打ち軽いけがを負った。固定していた水の入った重りごと飛ばされ約4メートル下の広場に落下した。 静岡地方気象台によると、当時熱海市には強風注意報が出ており、網代では同じころ21・8メートルを観測していた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

ページ上部へ戻る