【社寺】巫女が神楽「大楠の舞」を奉納 来宮神社

 

来宮神社(雨宮盛克宮司)は5日、「大楠祭」を開催した。神事に続き、巫女(みこ)が神木「大楠」に感謝して「大楠の舞」を奉納、健康長寿を祈願した。

雨宮宮司によれば、大楠の舞は、歌人佐佐木信綱が詠んだ「来宮は樹齢二千年の大樟のもと御国の栄え祈りまつらむ」という歌にちなんでつくられた。十二単(ひとえ)に身を包んだ巫女が大楠の前で、生田流筝曲宮城会・山形社中が奏でる琴と太鼓、笛、歌に合わせて優雅に舞った。この舞は1年に1度、この日だけ捧げられる。

来宮神社の「大楠」は、近年、マスコミに「パワースポット」と報じられたことから、年々、右肩上がりで参拝者でが増加。大楠の落ち葉を財布などに入れ、お守り代わりに大事にしている人も多い。大楠の舞は、大楠が新葉を付け、生命力に満ちあふれる5月5日にとり行われる。

(熱海ネット新聞)

 

◇来宮神社の大楠
高さ26m、幹回り24m。全国で2位、本州で1位の巨木。樹齢2000年以上。大楠の回りを1周すると寿命が1年伸び、誰にも告げず1回りすれば、願い事がかなうと言われている。国の天然記念物。

 

 

k102

大楠の舞

DSC_0149ss

大楠

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-26

    熱海土石流、捜索現場で土砂撤去作業中の男性死亡 藍染橋下に重機ごと転落

    9月25日午後4時ごろ、7月に土石流が発生した熱海市伊豆山の国道135号「逢初(あいぞめ)橋」の直…
  2. 2021-9-25

    熱海土石流、10月10日に伊豆山小体育館で追悼式 一般献花も

    熱海市は9月24日、伊豆山地区の大規模土石流発生から100日目となる10月10日午前10時から被災…
  3. 2021-9-25

    今宮神社例大祭、2年連続で神事だけ 神輿渡御・神輿パレードは中止 

    熱海市の今宮神社例大祭(10月19日、20日)の実行委員会(島田善一委員長)は9月24日、新型コロ…
  4. 2021-9-25

    【お悔やみ】中澤孝一さん(熱海市下多賀)9月23日死去

    中澤孝一さん(なかざわ・こういち)9月23日死去、83歳。熱海市下多賀562。通夜26日午後6時。…
ページ上部へ戻る